« 福井県立大学小浜キャンパス白樫祭へ行く | メイン | サツマイモ »

2011年10月 5日 (水曜日)

もう一度行ってみたい旅館

もう一度行ってみたい旅館があります。

日本旅行主催のバスツアーで行った、四国の徳島県にある、新祖谷温泉 ホテルかずら橋です。

ここは、山の中にある鄙びた温泉地です。

祖谷温泉へ

周りには全く繁華街がなく静かなところです。

のんびりと温泉につかって、地元の食べ物を食べ、地元の名所を見学することができます。

この旅館の温泉は建物内にあるゴンドラに乗って行きます。

男湯、女湯、混浴風呂とがありました。

日本旅行の乗務員は混浴風呂は空いてるからそこに入ろうと、一緒に入りに行きました。

まさに誰一人入っていなくて、男の乗務員さんと僕と2人で貸切状態でした。

混浴

僕は長風呂なので、長いこと温泉に浸かっていたら、乗務員さんは仕事があるので先に出ますと、出て行ってしまいました。

混浴風呂に自分一人・・・

誰もいない風呂

誰か女性でも入ってきたらどうしようかとドキドキと縮こまっていましたが、結局最後まで誰も入ってきませんでした。

風呂の入った後、宴会の席になりました。

ここの料理は地元で採れたものを使ていると、料理長が出てきて説明してくれました。

鮎

アユの塩焼きや山菜など、素朴な料理だけれども、ボリュームがあり、素材の味が生かされていて、おなか一杯、おいしくいただけました。

田楽

ここの料理は食べてみる価値が十分あります。

おすすめです。

料理の一部

夜は、どこにも行くところがないので、少しだけバスガイドさんたちと世間話をして、早めに寝ました。

旅館内

ゆっくりと眠れました。

翌朝のご飯も、おいしく、特に味噌汁と山菜とご飯がうまかったです。

朝食

朝食の後、少し休んでから、近くにあるかずら橋を見学し渡り、のんびりと自然を満喫しました。

かずら橋

かずら橋

川

美しい川

ご予約は日本旅行へ→新祖谷温泉 ホテルかずら橋

[ P R ]

【SALE!】四万十鮎の囲炉裏焼き・子持ち鮎塩焼き5尾

四万十川の伏流水で自然に近い形で大切に育てた鮎を使用しています。四万十川流域で古くから伝わる『炭火無煙燻製法』でじっくり焼きました。1尾づつ丁寧に串に刺して余分な油を落としながら焼いていきます。皮はパリッと、身はふっくらと焼き上がり、子持ちのプチプチ感が良く出ています!
3,480円

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/306317/27202425

もう一度行ってみたい旅館を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

プロフィール

フォトアルバム

久兵衛

基本的に、のんびり屋。 まさに、のんびり田舎暮らし。
だから、いつも仕事に追われてしまいます。 でも、あわてず一休み。

趣味で、マラソンと水泳をしています。 肥満解消のためになればとゆっくり楽しんでます。

読書好きです。 デザイン、インテリア、建築、自己啓発本を主に読んでます。

Amazon

  • Amazon
  • Amazon

おいしい野菜宅配

パソコン

  • HP Directplus -HP公式オンラインストア-
    iconicon
    デル株式会社

    NEC Direct
    iconicon

楽天市場


Yahoo!ショッピング

更新ブログ

アルバム

  • Dsc_9145
    日常の風景をアルバムにしています。

ブログ村

  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へ